キーストーン法律事務所HP(東京・池袋)――スポーツ法、中国ビジネス法務、歯科訴訟、離婚訴訟、債務整理、建築紛争、風俗営業等法律相談



 ■ ホーム > 弁護士等紹介 > 弁護士柴田亮子


弁護士 柴田亮子



  弁護士  柴田 亮子 (しばたりょうこ)

 ■経 歴 等

 東京都生まれ 東京工業大学理学部物理学科卒
 日本電気株式会社入社

 第二東京弁護士会所属

 理系弁護士であることをいかして、理系と文系とにまたがる紛争を多く手がけています。
 建築紛争、医療紛争がその最たるものです。
 建築紛争については、多くの建築関係の役職、建築学会での経験から解決にあたります。「急に内容証明郵便が届いた」、「施工不良なのに設計者に責任があるのか」、「建材メーカーも訴えられた」という方は、是非ご相談ください。
 また、長年、家事調停委員を務めております。相続でお悩みの方、離婚をお考えの女性は、少しでも早くご相談ください。「転ばぬ先の杖」として、紛争が顕在化する前にできることもあります。高齢者関係の問題にも対応致します。


 ■業務内容

 建築紛争
 家事事件
 医療紛争

 ■著 書 等
 「住宅建築トラブル相談ハンドブック」新日本法規/共著
 「最強の住宅相談室」ポプラ社/共著
 「判例で学ぶ建築トラブル完全対策」日経BP社/共著
 「欠陥住宅紛争解決のための建築知識」ぎょうせい/共著
 「Q&A 住宅紛争解決ハンドブック」ぎょうせい/共著
 「外壁タイルの不良施工で最長20年の不法行為責任」日経アーキテクチュア2014 7−25
 第17回司法支援建築会議講演会講師(2016)
 「監理者の責任」Structure no143 2017.7
 「免震偽装の損害額にメーカーが反論」日経アーキテクチュア2018 7−12
 「改正民法が成立、配偶者居住権を新設」日経アーキテクチュア2018 8−19
   


役職等


 国分寺市建築審査会委員(〜H28.3)
 中野区建築紛争調停委員
 調布市固定資産評価審査委員
 建築学会司法支援建築委員会オブザーバー(〜H29.3)
 建築学会修補委員会オブザーバー
 第二東京弁護士会住宅部会所属
 日本弁護士連合会広報室嘱託弁護士(H22.1.1〜H25.12.31)
 東京家庭裁判所家事調停委員
 住宅紛争審査会紛争処理委員
 日本弁護士連合会自由と正義編集委員(〜H29.6)
 国分寺市まちづくり委員(H29.4〜H30.4)
 調布市入札等監視委員




by MLSO